ちゅらトゥースは虫歯に効果あるの?

自宅にいながら誰でも簡単に歯をホワイトニングすることができるちゅらトゥースですが、得られる効果は歯を白くするだけではありません。
見た目を美しく整えるだけではなく、虫歯に対しても予防効果を発揮する成分が配合されていることから、歯の健康を保つためにも利用することが可能です。

ちゅらトゥースに含まれているGTOが虫歯予防に効果的

ちゅらトゥースの中にはホワイトニング成分以外にも、GTOという虫歯のリスクを軽減する有効成分が配合されています。
これは、ウーロン茶から抽出されたものとホップエキスからできているもので、虫歯を生み出す原因とされている酵素の働きを阻害する効果があるものです。
虫歯というのは食べたものの残りカスである歯垢などが酸の塊となり、これが歯の表面のエナメル質を溶かし出してしまう要因になります。
この歯垢が発生する際に生み出される酵素自体を作られる段階で阻止することができ、虫歯そのものをできにくくするようにケアしていくことができるのです。

GTOは虫歯対策以外にも優れた効果を発揮

GTOは虫歯の発生を阻止するだけではなく、口腔内に含まれることによって歯周病や歯肉炎といった歯の病気を予防する効果も期待できます。
また、多くのかたが気にしている口臭予防にもなりますので、歯を白くしていきながら口の中を総合的にケアしていけるというのがちゅらトゥースの嬉しいポイントです。

歯を傷つけずに汚れだけを浮かして取り除くから安全

ちゅらトゥースには一切研磨剤が使用されていないという点も、虫歯のリスクを軽減しています。
配合されているPAAという成分は歯が汚れてしまう原因であるタンパク質に反応をし、固めるといった作用をするものです。
その性質を利用して、歯を傷つけることなく汚れのみを浮かすことができ取り除けます。
こうした汚れは歯に留まり続けると歯垢や歯石の原因となり、放置しているといずれは虫歯になりますので、早い段階でも除去が予防のポイントです。
また、研磨剤は確かに歯を磨くことで綺麗に見せられますが、歯の表面には細かい傷がついてしまい、滑らかさを失った歯は汚れが付着しやすくなってしまうというデメリットがあります。
このようなリスクを回避し、汚れのつきにくい、ついているものを取り除くケアをちゅらトゥースデ行うことができますので、虫歯を作りにくい歯にするといった観点からも効果的なのです。

ホワイトニングで歯が溶ける心配はない

ホワイトニングを行うことにより、歯が溶けて虫歯になりやすくなったり知覚過敏になるといった心配もされていますが、ちゅらトゥースにはそうした副作用が心配される成分は配合されていません。
PAA自体に汚れを浮かせるだけではなく溶かして落とす性質がありますが、この際に溶かすのは歯のエナメル質ではなくペクリル層といわれる薄い膜です。
歯の黄ばみの元になる汚れもこの層に付着するものが原因なので、それを溶かすことで白さを取り戻すことができます。
そして、このペクリル層は解けてしまっても1日ほどで復活するものですから、歯の保護のいった点でも何の心配はいりません。
虫歯になる危険性もありませんし、歯を白くすることはできても歯そのものを傷めることはないのです。

ちゅらトゥースで虫歯対策も可能です

結論として、ちゅらトゥースを利用することによってホワイトニングだけではなく、虫歯になりにくい歯を作る対策を行うこともできます。
厚生労働省もその効果を認めている医薬部外品ですし、危険な成分は一切配合されていませんので安全に歯のケアを習慣づけることが可能です。
歯を白くするために、そして虫歯を作らない歯にするために、毎日のケアに積極的に利用してきましょう。

こちらの記事もチェック。
ちゅらトゥース ホワイトニングは効かない?効果のある人や口コミを調べてみた