ちゅらトゥースはタバコヤニに効果ある?

喫煙者の方は歯にヤニが付いてしまって、毎日歯磨きしているのに全然取れないとお悩みの方も多いですよね。
いったん着いてしまったヤニは普通の歯磨き粉では取れないんです。
そこでおすすめなのが、ホワイトニング歯磨きのちゅらトゥース!
どんな仕組みでタバコヤニを落としてくれるのかを紹介しましょう。

タバコによるヤニ汚れの正体とは

タバコによるヤニ汚れの正体とは
タバコヤニの原因はタバコに含まれているタールなんです。
黒いタールが歯に付着してしまうと、黄色っぽい着色汚れとして残ってしまいます。
これは唾液に含まれているペクリルという成分が影響していて、タールとペクリルが混ざったもので歯がコーティングされてしまうからなんです。

ペクリルは歯を丈夫にして虫歯などから守る被膜の役目をしてくれます。
タバコを吸って口の中に残ったタールと唾液が混じり、黄色っぽい色のタール入りペクリルが歯に付着してヤニとなります。
ペクリルが歯に定着してしまうと普通の歯磨きでは落とすことができず、タバコを吸うたびにヤニ汚れが付きやすくなってしまいます。

ちゅらトゥースがヤニ汚れをきれに落とす理由

ちゅらトゥースがヤニ汚れをきれに落とす理由
タバコヤニはペクリルとなって歯がコーティングされていますから、普通の歯磨きで磨いても落ちてくれません。
化学反応で着色汚れをはがして落とすというのが大事で、ちゅらトゥースにはそんな成分が含まれています。

すっきり汚れを落とすポリアスパラギン酸

ホワイトニング歯磨き粉によく含まれている成分で、化粧品などにも使われている安全なものです。
このポリアスパラギン酸は歯のたんぱく質汚れと反応して、汚れを浮かせてはがし落とす作用を持っています。
汚れを包み込んで落としてくれますから、タバコヤニも落ちて白い歯になれるんですね。タバコヤニもペクリルと混じったたんぱく質汚れですから、力を入れて歯磨きしなくてもポリアスパラギン酸のおかげですっきり落ちてくれます。

着色汚れを防止するリンゴ酸

いったん落ちた汚れを再付着させない効果があります。
汚れが落ちやすいように浮がせた汚れも、きちんと歯磨きできていないと再び歯に付着して黄ばみになってしまうんです。
リンゴ酸が汚れが付かないように守ってくれますから、ヤニ汚れが付きにくい歯になれますね。

歯茎の健康を守るビタミンC

ビタミンCはヤニ汚れを落とすサポート効果がありますから、他の成分と強力して白い歯になれるように手伝ってくれます。
喫煙者は歯だけでく歯茎が痩せていたり、歯周病のリスクも高くなります。
ビタミンCはそんな歯茎の健康を守ってくれて、笑顔に自信が持てる歯と歯茎になれますね。

ちゅらトゥースを続けて使う

ちゅらトゥースを続けて使う
タバコのヤニ取り効果に優れたちゅらトゥースですが、1回使っただけでは効果は実感しにくいですね。
タバコを吸うたびにペクチンと一緒にヤニが付着していますから、ヤニ汚れ積み重なって歯がコーティングされているような形なんです。
全部を落とすまでには時間がかかりますから、白い歯になるためには継続してちゅらトゥースを使うのが大事ですね。

リアルな口コミを知りたい方はちゅらトゥース 口コミもチェックしてみてくださいね!