ちゅらトゥースホワイトニングが人気な理由

ホワイトニングを定期的に行っていたり、ホワイトニング専用の歯磨き剤を使用していても効果がイマイチと感じる人がいます。
なぜなら、歯が黄ばむ原因を理解せずに単にホワイトニングだけを行っていると、いたちごっこになってしまうからです。
では、どのような原因で歯は黄ばむのでしょうか。

目次

ちゅらトゥースホワイトニングの成分に秘密がある

ちゅらトゥースホワイトニングに含まれる成分には、ステインクリアを行えるリンゴ酸とビタミンCに加えてポリアスパラギン酸が配合されています。
薬店にて多く販売されているステインクリア製品の多くが、研磨剤を配合している点に対してちゅらトゥースホワイトニングは研磨剤未使用です。
ちゅらトゥースホワイトニングに研磨剤が配合されていないことが、ホワイトニングを長続きさせる秘密となっています。

継続的なホワイトニングに研磨剤は要らない

歯の表面に付いているステイン汚れは、研磨剤を使用するとたしかに取れます。
しかし、研磨剤には歯の表面を傷つけいしまい、傷が多いほど次に付くステインは歯の傷口から奥に入り込みやすくなるわけです。

  • ステイン除去には吸着成分があれば良い
  • 研磨剤は歯の表面を傷つけて黄ばみの原因となる
  • 雑菌の繁殖が進むと歯が黄ばみやすい

ステインを継続的に除去して寄せ付けないためには、研磨剤はかえって邪魔になってしまうからこそ、ちゅらトゥースホワイトニングは研磨剤不使用です。

ステインに対しては浮かせて落とすことが大切

コーヒー・紅茶・着色料・タバコといった様々な着色汚れは、時間の経過と共にステイン汚れとなって歯の表面にこびりつきます。
ステイン汚れに対しては、研磨剤を使ってしまうと強引に削り取ることは出来ても、歯の表面に細かいキズをつけてしまいがちです。
歯ブラシと研磨剤の組み合わせにより一時的にステインを除去出来たとしても、今度は歯のキズに着色汚れが入り込んでしまいます。
そこで、ステイン汚れを落とす方法としてちゅらトゥースホワイトニングでは、ステインを浮かせて落とすという方法を採用しているわけです。
リンゴ酸とビタミンCにより歯の表面に付着したステインを優しく浮かせて除去し、リンゴ酸が再度ステインを歯の表面に付着しづらい状態にします。
加えてポリアスパラギン酸がタンパク質と反応する性質を利用して、歯の表面に付着しているタンパク質系のステインを剥がして落とす仕組みです。
2段階のステイン除去を行うことで、研磨剤を使わなくてもステインは汚れを浮かせて除去すれば良いということになります。

研磨剤を使っていないちゅらトゥースホワイトニングなら安全

研磨剤を使わずにステイン汚れを浮かせて落とす方式ならば、歯の表面にキズがつくことなくツルツルの状態になります。
リンゴ酸により再度ステインが歯の表面に付着しづらい状況を作り出すので、研磨剤により傷ついていない歯の表面は白いまま保たれるわけです。
研磨剤を毎日使って強く磨き続けると、歯の表面にキズが付くだけでなく歯自体が摩耗してしまう原因となりかねません。
歯の表面が摩耗してエナメル質が薄くなると、内部の象牙質が露出するリスクが高まってしまうので、歯の健康面からも望ましく無いわけです。
研磨剤を使用したホワイトニングは、週1回程度と制限している理由として、摩耗を心配しているからです。
ちゅらトゥースホワイトニングならば、研磨剤を使用しないからこそ毎日使用しても安心できます。

まとめ

ホワイトニングは、着色汚れを研磨剤で削り取れば良いという考え方が歯の健康面からリスクが高いと知ることが大切です。
ちゅらトゥースホワイトニングのように、ステイン汚れを浮かせて剥がすといった手法ならば、歯の表面がキズつくことなく安全にホワイトニング出来ます。