ちゅらトゥース ホワイトニングは知覚過敏でも使って大丈夫?使えるか徹底調査!

歯を白く綺麗な状態に整えたいという気持ちはあるものの、ホワイトニングは知覚過敏の人には適していないという話しも聞かれます。

実際、歯医者でホワイトニングをすると知覚過敏になってしまうという噂も耳にするでしょう。

ちゅらトゥースを使ったホワイトニングは、歯の痛みに敏感な人でも利用できるのか、利用することで知覚過敏が悪化したり発症することはないのか、安心して使用するために調べてみました。

ちゅらトゥースは歯を削る成分が配合されていない

ちゅらトゥースは歯を削る成分が配合されていない
ホワイトニングには興味はあっても、それが痛みを伴うものであれば躊躇をしてしまいます。

まず、結論からいえば、ちゅらトゥースは知覚過敏のかたでも安全に利用をすることができますし、ホワイトニングに使用することによって知覚過敏になることもありません。

そもそも、ちゅらトゥースには汚れを浮かして落とすための成分は配合されているものの、削ぎ落とす研磨剤は一切使われていないという特徴があります。

PAAというアミノ酸高分子が黄ばみ元になるしつこい汚れを剥がしたり、リンゴ酸がコーティングをして汚れの付着を予防するといった効果を得られますが、歯を磨きながら無理に汚れを削ることがないので刺激になりません。

知覚過敏に影響を与えるようなダメージを歯にも歯茎にも与えませんので、痛みを感じることなく歯を白くすることができます。

そういった点ではちゅらトゥースは非常に安全です。

ちゅらトゥースは歯医者のホワイトニングとは違う

ちゅらトゥースは歯医者で行われているホワイトニングとも異なる
歯医者でもホワイトニングケアを受けることができますが、ちゅらトゥースで行うホワイトニングとは違うもので、こちらでは過酸化水素水などの漂白剤を利用しています。

この濃度が高いほどホワイトニング効果を得やすくなりますが、たとえ健康的な歯であっても沁みやすいことから知覚過敏を発症しやすいというデメリットもあるのです。
もちろん、歯医者では十分配慮をしながら安全にホワイトニングできるよう対処しています。

しかし、ちゅらトゥースであれば、歯医者が行う処理ほど早い効果は見込めないものの、優しい成分でじっくりとケアできることからこうしたリスクもありません。

ちゅらトゥースは知覚過敏の改善効果も期待できる

ちゅらトゥースは知覚過敏の改善効果も期待できる
ちゅらトゥースは知覚過敏のかたでも使用することができますし、ケアを続けることによって知覚過敏の改善効果も期待することができるというのが嬉しいポイントです。

知覚過敏にはさまざまな原因がありますが、その1つが虫歯になります。

ちゅらトゥースの中に配合されている成分にはGTOのような虫歯予防効果のあるものも配合されており、歯のエナメル質が溶け
出してしまうことを防ぐことが可能です。

知覚過敏を感じるエナメル質を保護することができるために、結果的にこのコーティング効果が痛みを感じにくくしてくれる
というのがポイントになります。

知覚過敏を悪化させないように配慮も必要

ちゅらトゥースで日々のケアができても、普段から知覚過敏の症状を悪化させないように配慮が必要になります。

冷たいものを摂らないようにすること、磨く際にも研磨剤が使われている歯磨き粉を使用しないこと、なるべく知覚過敏専用の歯磨き粉で磨くようにするといいでしょう。

また、ちゅらトゥースを塗付する際にも、力を入れて歯のエナメル質や歯茎を傷つけないようにするといったことを気をつけることが大切です。

知覚過敏でもちゅらトゥース ホワイトニングは心配無用

知覚過敏でも心配無用
痛みに敏感になりすぎて使用を躊躇してしまうというかたも少なくないホワイトニンググアイテムですが、ちゅらトゥースであれば刺激を受けることなく日々のケアに利用することができますし、同時に虫歯のリスクまで下げられるメリットがあります。

自分の歯に自信を持つためにもあまり構えることなく、まずは使用をしてみるのがおすすめです。