ちゅらトゥースは安全?副作用はあるの?

従来は歯医者へ出向かなければホワイトニングを受けることが出来ませんでしたが、近年はちゅらトゥースを始めとするセルフホワインニングが可能になっています。日常的な歯磨きのみでは白くならないことは、毎日歯磨きをしている人ならば理解しているはずです。

ちゅらトゥースは汚れを浮かして剥がす

ちゅらトゥースは汚れを浮かして剥がす
ちゅらトゥースホワイトニングは、PAA(ポリアスパラギン酸)により歯についた汚れを浮かして剥がして落とすという方法が採用されています。
他にも

  • 浮かせた汚れを再度付きにくくするリンゴ酸
  • 歯茎の健康をサポートするビタミンC
  • 新成分GTOにより不溶性多糖類合成酵素を阻害して酸から守る

といった複数の方法で歯を徹底して守ります。

GTOは、烏龍茶抽出物とホップエキスから作られた新成分となっていて、酸蝕歯にならないように酸から歯を守る役割を果たしてくれるわけです。

研磨剤が入ってこないからこそ歯を傷めない

研磨剤が入ってこないからこそ歯を傷めない
ちゅらトゥースが一般的な歯磨き粉と最も異なる点として、研磨剤を配合していない点が挙げられます。
PAAにより歯についたステインや汚れそのものを浮かして剥がすという方法を取っているので、歯ブラシで磨いた時に歯の表面エナメル質を傷めません。

エナメル質の表面に微細な傷がつくと、更にステイン汚れが入り込みやすい環境が生まれてしまい、年令とともに汚れの蓄積により歯の白さが失われます。

ちゅらトゥースを歯磨き後に使ってブラッシングすることで、蓄積汚れにまでアプローチしてしっかり落とすわけです。

1日2回使用する際に、一般的な研磨剤入り歯磨き粉を使用せずにちゅらトゥースを使ってブラッシングしても構いません。
歯ブラシ自体を固すぎないタイプにすれば、歯の表面を傷つけずにしっかり汚れを落とすことが出来ます。

ちゅらトゥースを使う際にはアルコール過敏の人だけ要注意

ちゅらトゥースを使う際にはアルコール過敏の人だけ要注意
ちゅらトゥースを使う上で、研磨剤未使用だからこそ安心して使えるわけですが、全ての人に全く副作用が無いわけではありません。

一般的な歯磨き粉とは異なり、ちゅらトゥースには有機溶剤としてアルコールが含まれているので、6歳未満の子供とアルコールに弱い大人も使えません。

アルコールに対してアレルギーがある場合には、購入を控える必要があります。

ちゅらトゥースは、1ヶ月ごとに自動的に送られてくるタイプですが、実際に試してみてアレルギー反応が出てしまったら即座に使用を中止して販売元への連絡が必要です。

歯のホワイトニングを行う手段として、ちゅらトゥースは自宅で手軽に出来ますが、ホワイトニングを行うために必要な成分を溶かし込むためのエタノールは必要なわけです。

まとめ

歯のホワイトニングは従来ならば対応した歯科医院まで出向く必要がありました。

ちゅらトゥースを使えば、日常的な歯磨きのタイミングでいつもの歯磨きにちゅらトゥースをプラスするか、単独で磨いても良いです。

研磨剤を使わずに独自成分の組み合わせにより作られたちゅらトゥースならば、歯の表面がツルツルになると同時に白く輝く歯に近づきます。