ちゅらトゥースの使い方

歯の黄ばみや歯間の黒ずみは清潔感を欠いてしまいますし、美意識の高いかたであれば悪化してしまう前に積極的なケアを考えます。
かといって、審美歯科にホワイトニングに行くのは少々手間です。
そんな時に、ホームホワイトニングのために利用できるのがちゅらトゥースになります。
使いかたも簡単で、日々のケアに習慣づけられるのが魅力です。

通常通りに歯磨きをする

ちゅらトゥースは汚れが残っている口腔内では効果を発揮しづらいことから、まずは歯に付着しているものを取り除くことがポイントになります。
使用の前にいつものように歯磨きを行いましょう。
この際の歯磨き粉にもできる限り気を使い、研磨剤の入っていないものを利用するのがおすすめです。
研磨剤は一見すると歯の汚れを効率よく削ぎ落とすもののように感じますが、歯の表面が削られてしまうことから使用を続けることで徐々に磨耗していってしまいます。
長期的な利用には向いておらず、どんどん歯が弱くなってしまうことから数年後の状態を考慮するとかなり危険です。

歯磨き粉の使用を中止しても大丈夫

歯磨き粉にこだわるよりも、歯ブラシを念入りに動かして歯間や歯の表面に付いた汚れをしっかりと落とすことに集中をすることが大切になります。
この後にちゅらトゥースを利用することになりますので、場合によっては歯磨き粉自体の使用をやめてしまっても問題ありません。

いよいよちゅらトゥースでホワイトニング

歯磨きをして歯の汚れをしっかりと落としたら、いよいよホワイトニングの開始です。
口をゆすいで中をクリアにしたら、次は歯ブラシにちゅらトゥースを出してブラッシングをしていきます。
少しとろみのある液状になっており、スポイトをから歯ブラシに出して後はいつものように歯を磨いていくだけ、特別な工夫も手間もいりません。
汚れを落としていくというよりも、ちゅらトゥースの液を歯全体に塗布していくイメージで歯ブラシを動かしていくのがポイントになります。
力を入れずに、歯の裏側までしっかりとブラッシングをしていきましょう。

もう一度仕上げのブラッシングをするのがポイント

2分から3分程度掛けて塗布した後、口をゆすいだら終了ですが、その後歯ブラシに何もつけていない状態でもう一度仕上げのブラッシングをすることで、歯がよりツルツルになります。
この時もやはり力を入れて歯を傷つけてしまわないように気をつけてください。
利用に関しては、1日2回のケアで十分です。
朝起きた後、夜寝る前に念入りにホワイトニングを行いましょう。

簡単ケアで白い歯が手に入る

ちゅらトゥースはすぐに効果が表れるものではありませんが、いつもの歯磨きにプラスするだけの簡単なケアのみで徐々に白く輝く歯に整えていくことができます。
平均で1ヶ月程度で歯の様子が変わってきますので、それまで毎日のお手入れを欠かさないようにしてください。
結果が出れば、その状態をキープする努力にも前向きになれます。

ちゅらトゥース 口コミもチェックしてみましょう。