ちゅらトゥースは電動歯ブラシでも使える?

歯磨き時に電動歯ブラシを愛用しているかたは少なくありません。
しかし、通常の歯磨き粉とは異なるホワイトニングアイテムであるちゅらトゥースにも、電動歯ブラシを利用できるかという点が気になります。
成分的には問題がないのか、効果に影響が出るのか、ご説明していきましょう。

公式サイトによる電動歯ブラシへの見解

まず、ちゅらトゥースの公式サイトではっきりと、電動歯ブラシでの使用が可能であることが書かれています。
元々ちゅらトゥースは歯磨き後に歯ブラシを使ってブラッシングをしながら液体を塗布していく使用方法となっていますので、手磨きでも電動ブラシでも大きく効果には違いは出てきません。
その点は安心です。

電動ブラシに使用できない歯磨き粉について

そもそも、電動ブラシは通常よりも細かく歯の表面を磨くことができるアイテムですので、歯が削れてしまわないように研磨剤が配合されている歯磨き粉の使用は控えたほうがいいとされています。
シリカや含水ケイ酸、重質炭酸カルシウムなどがそういった成分に該当しますが、ちゅらトゥースに入っているのはホワイトニング剤のみで、研磨を目的とはしていないことから一切配合されていません。
成分的にも、電動歯ブラシの使用は問題ないと判断できます。

電動歯ブラシを使ったホワイトニングの方法

電動歯ブラシを使用した場合でも、通常の歯ブラシを利用したホワイトニングの方法と使いかたは全く同じです。
まずは予め汚れを落とすために歯磨きをし、その後口を濯いでから電動歯ブラシにちゅらトゥースを乗せて再び歯を磨いていきます。
ただ、ちゅらトゥースを使ったホワイトニングは汚れを落とすためのものではありませんので、軽く当てるのみであまり上下には動かさず、歯の間や歯周ポケットなども意識をしていきながら満遍なく磨いていくことを心がけてください。
スピード変換できるタイプの電動歯ブラシであれば、スローモードを利用するといいでしょう。
歯全体に塗付できれば、後は口を濯いで完了です。

使用頻度が増えるのでヘッド交換をこまめに行おう

通常の歯磨きにプラスしてちゅらトゥースを使用する際にも電動歯ブラシを利用する場合、ヘッドもその分早く磨耗していきます。
平均すると3ヶ月に1回の交換が謳われていますが、朝晩の歯磨きにプラスしてホワイトニングにも利用すれば、倍程度の早さでヘッドが傷んできてしまうことから、1ヶ月から1ヶ月半ほどのペースで取り替えるのがおすすめです。
せっかく電動歯ブラシにも対応しているため便利に利用していきたいところですが、歯ブラシそのものが傷んでいてはしっかりと磨くことができませんので気をつけてください。

電動歯ブラシをフル活用しよう

手で磨くよりも細かく汚れを落とすことができ、丁寧なケアができる電動歯ブラシは、ちゅらトゥースを塗付する際にも問題なく使用していくことが可能です。
しっかりとケアを行って白い歯に整えることで、清潔感と若々しさを保つことができます。