ちゅらトゥースとホワイトニングサロン比較

ホワイトニングをする場合、ちゅらトゥースのような商品を使う方法とホワイトニングサロンを利用する方法があります。
そこで、ホワイトニングサロンとちゅらトゥースを比較して、どちらが利用しやすいホワイトニング方法なのか検証しました。

ホワイトニングサロンを検証

ホワイトニングサロンを検証
ホワイトニングサロンを利用する場合は幾つかの方法があり、それぞれやり方や費用に違いがあります。

ホームホワイトニング

サロンやクリニックでマウスピースを製作してもらい、薬剤と共に自宅でホワイトニングを行います。
自宅で行うという点はちゅらトゥースと同じですが、やり方は大きく違います。
ホームホワイトニングの相場は1万円台から5万円台で、利用するサロンやクリニックによって開きがあります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、医師や資格を持った人がホワイトニングを行うもので、薬剤や光を照射するなどの方法が主流です。
この場合、サロンやクリニックでホワイトニングを受けることになり、相場は1回辺り1万円台から5万円台となっています。

セルフホワイトニング

ホワイトニングサロンから提供されるセットを使い、指導を受けながらホワイトニングをします。
ホワイトニングサロンの中でもセルフホワイトニングが1番安く、相場は1回3,000円台から6,000円台となっています。

ホワイトニングサロンは、利用する方法によって費用に差があり、オフィスホワイトニングが1番高額となっています。

ちゅらトゥースの特徴や魅力を検証

ちゅらトゥースの特徴や魅力を検証
ちゅらトゥースは、PAAやリンゴ酸、ビタミンCなどの成分で白い歯へとアプローチします。

PAA

PAAとはポリアスパラギン酸のことで、タンパク質と反応して凝固する作用があります。
ちゅらトゥースはこの作用を利用していて、通常の歯磨きでは落ちない汚れを、浮かせて剥がし落とす効果が期待できます。

リンゴ酸やビタミンC

リンゴ酸は、浮かせた汚れを付き難くする効果が期待でき、ビタミンCは歯の汚れや歯茎にアプローチします。

虫歯や口内環境ケアも期待できる!

ちゅらトゥースにはGTOという新成分が配合されていて、虫歯の元凶にアプローチすることで虫歯リスクの軽減に期待できます。

更に、アラントインやシメン-5-オールなどの成分が、口内環境のケアに働きかけます。
ちゅらトゥースはホワイトニングだけではなく、口内環境ケアや虫歯予防にも期待できるので、自宅にいながらトータル的な対策が行えます。

ちゅらトゥースとホワイトニングサロン費用を比較

ちゅらトゥースとホワイトニングサロン費用を比較

ちゅらトゥースの費用

ちゅらトゥースの公式サイトには定期コースがあり、お得な価格で購入できます。
定期コースは、通常5,980円のところ初回33%オフの3,980円送料無料で、2回目以降もずっと16%オフの4,980円で購入できます。

ホワイトニングサロンの費用

セルフホワイトニングは、ホワイトニングサロンの中で1番安い方法ですが、それでも1回3,000円以上かかります。
また、オフィスホワイトニングを利用すると、もっと高額な料金になるので、費用面を比較するとちゅらトゥースが1番経済的です。
経済的でも効果がイマイチだと意味がないものの、ちゅらトゥースは魅力的な成分がしっかり配合されているので、費用や期待できる効果の両面を見ても、色々なホワイトニングサロンに負けないだけの魅力があります。

まとめ

まとめ
ちゅらトゥースとホワイトニングサロンを比較した結果、費用面を見るとちゅらトゥースが圧倒的に経済的でした。
ただ、ホワイトニングサロンにはそれぞれの魅力があるので、費用だけの判断は難しいところですが、通う手間や時間も考慮するとちゅらトゥースの方が魅力的です。
また、ちゅらトゥースは虫歯予防や口内環境ケアにも期待できるので、コスパが高く利用しやすいホワイトニング商品です。