ちゅらトゥースと市販の歯磨き粉の違い

ちゅらトゥースは、歯のホワイトニング剤です。
歯の汚れを落として、歯を白くしていきます。
それでは、一般的な市販の歯磨き剤とは何が違うのでしょうか。

一般的な歯磨き剤とちゅらトゥースとの違いとは

一般的な歯磨き剤とちゅらトゥースとの違いとは
一般的な歯磨き剤は研磨剤が入っています。
研磨剤が歯をこすって汚れを落としていくのです。

研磨剤は磨くときに、歯を傷つけるきっかけとなってしまいます。
その出来た傷に汚れが入ることになることがあり、さらにそこに汚れが付着します。

磨いているのに、汚れを作るきっかけを作ってしまいます。
それでは悪循環になります。

ちゅらトゥースは、研磨剤でこすることななく、独自のホワイトニング成分が汚れを浮かせて取っていきます。
こすらないので歯を傷つけなくて済むため、汚れがついてしまうきっかけをなくし、一緒に歯に傷をつけるのを防ぎ、健康も守ることができます。

ちゅらトゥースの汚れを落とす成分

ちゅらトゥースの汚れを落とす成分
独自の汚れを浮かばせて落とす成分にPAAのアミノ酸高分子があります。
汚れの原因となるたんぱく質を凝固しますので、はがして除去していきます。
通常の歯磨きでは落ちにくい汚れを浮かせて取ることで、落としていきます。

そのあとリンゴ酸が浮かせた汚れをつきにくくします。
美しい歯を維持することのお手伝いをしてくれます。

着色汚れもつきにくくしていきます。
また、ビタミンCも含まれていますが、これもまた汚れを落としてくれる成分です。

歯茎の健康を保つためにも一役買ってくれます。
口の中を総合的にケアしてくれる成分になっています。

ちゅらトゥースは口の中も一緒にケア

ちゅらトゥースは口の中も一緒にケア
またGTOという成分が入っており、こちらの成分は虫歯発生の元になる酵素を阻害して虫歯のリスクを減らしていきます。
通常の歯磨き剤は磨く事が中心で、汚れを落として虫歯を予防しますので、このような成分は入っていません。
アラントインという腫れや炎症、歯肉炎を予防する成分が入っていて、シメン-5-オールが雑菌を減少させて、口臭を予防してくれます。

市販の歯磨きは基本歯を磨くときに使うものですので、口の中のトータルケアまでに及ばないことがあります。
またステビア、キシリトール、メントールが入っているので、使用していると爽快感を感じます。

使っていて使い心地が良いことは、使い勝手が良く、毎日おこなうことなので気持ちが良いです。
歯のホワイトニングをしたくて始めたのに、結果的に口の中全体をケアしてくれることは、とても便利な商品になっています。

まとめ

ちゅらトゥースは、歯のホワイトニング剤ですが、口の中を総合的に診ていて、ケアしてくれる商品です。
市販の歯磨きは、磨くことが中心ですので、総合的なことまでは考えられていません。

ホワイトニングをしたい人は、口の中が気になっている人も多いですので、全体的にケアできることはありがたいことです。
お店でホワイトニングを始めるより、自宅でできますので、ずっと気軽に値段も安く始めることができます。

ちゅらトゥース 口コミもチェックしてから購入するか検討してみてくださいね!